視聴者を舐め腐った『恋はDeepに』『着飾る恋』大失敗の要因とは?

不倫妻の日常
1: とある名無しの中二病 2021/05/29(土) 22:33:49.58 _USER9
2021年4月期は、プライム帯で多くの〝ラブコメ〟ドラマが放送されている。その中で、トップに立ったのは、期待値が一番低かった鈴木亮平主演の『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)のようだ。
今期は、川口春奈の『着飾る恋には理由があって』(TBS系)、石原さとみの『恋はDeepに』(日本テレビ系)、鈴木の『レンアイ漫画家』が放送され、民放各局がそれぞれ勝負をしかけている。

下馬評では、石原&綾野剛という豪華タッグの『恋はDeepに』が覇権を獲得するかと思われた。しかし〝大人のラブコメ〟と銘打たれていた同作は、まるで小学生が考えたかのようなチープな演出と展開の繰り返し。しまいには、石原が〝実は人魚〟というファンタジー設定も盛り込んで、視聴者から総スカンを食らっている。大人の俳優として熟してきた2人が出演するドラマとしては、あまりにも軽すぎる脚本で、深夜帯で若手アイドルにやらせる方がまだましだっただろう。

キモい胸キュンシーンの多用にウンザリ

下馬評2位は『着飾る恋には理由があって』だった。TBSの火曜22時枠は、『恋はつづくよどこまでも』『私の家政夫ナギサさん』など、ラブコメで特大ヒットを飛ばしまくっている鉄板枠。主演の川口を取り合うのが、横浜流星と向井理という世代の違う正統派イケメンというキャスティングも完璧で、抜かりがないかと思われた。

しかし、肝心の脚本が『恋はDeepに』同様に雑。横浜が全く魅力のないキャラクターに成り下がってしまい、彼がいくら胸キュンシーンを演じても、イマイチ視聴者の胸に響いていない。川口、横浜、向井の圧倒的顔面偏差値の高さで、なんとかラブコメの体をなしているだけとなっている。

下馬評最下位は、『レンアイ漫画家』だった。主演の鈴木は好感度こそピカイチだが、ラブコメを見る層からの人気はそれほど高くなく、お相手の吉岡里帆にいたっては、〝女性の敵〟のような存在であるため、ラブコメ視聴者層とは相性が最悪だ。

そのため、当然のごとくつかみに失敗して視聴率は低迷し、三作の中では圧倒的な最下位に。しかし肝心の脚本は、原作漫画があるためかしっかりしており、回を重ねるごとに視聴者のハートをつかんでいる。『恋はDeepに』と『着飾る恋』がストーリーそっちのけで適当に〝胸キュンシーン〟を連発しているのと反して、『レンアイ漫画家』はここぞという時にだけ〝胸キュンシーン〟を入れ込み、それが見事に視聴者の胸に響いているようだ。

『恋はつづくよどこまでも』の大ヒット以降、とりあえず〝胸キュンシーン〟を入れておけばいいとされてきたラブコメドラマだが、そろそろ視聴者は飽きてきた様子。あまり視聴者をなめていると、痛い目にあうかもしれない。

https://myjitsu.jp/archives/283222
8b583f4adf520cdc61b81f14e6f50594

続きを読む

Source: 中ニ病速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました