ボビー・オロゴン 友人が証言する “妻暴行” のきっかけは「歯科女医との浮気」だった

不倫妻の日常
1: とある名無しの中二病 2021/06/04(金) 21:09:22.04 _USER9
「3月に奥さんは荷物を抱えて、子どもたちと出ていきましたよ。その後は長男が1人で住んでいたみたいですが、今は誰もいないようです。5月の中旬に数日間だけ、ボビーさんが来ていましたが。奥さんたちは追い出されちゃったんでしょうか……」

 埼玉県の住宅街にあるボビー・オロゴン(55)の自宅を訪ねると、近くの住民が声を潜めた。

 5月13日、さいたま地裁に出廷したボビーは暴行の有罪判決を受けている。

「昨年5月に、ボビーさんは妻の顔を叩いた暴行の現行犯で逮捕されました。自宅前に集まった取材陣に奥さんは“ずっとDVを受けてきた”と話す一方、ボビーさんはDVを否認していましたが、公判では暴行を認めて求刑どおり罰金10万円の判決が出ました。被害自体は軽くても“ボコボコにするから”といった言葉が恐怖心を抱かせて悪質だと判断されたようです」(ワイドショースタッフ)

「大声で恫喝」漏れ聞こえる悪評
 ちなみに昨年6月、警察から釈放された後にボビーは、自宅を担保に新たに6000万円の借金をしている。かつてテレビ番組でも紹介されたプールつきの豪邸で、庭では一家でバーベキューを楽しんでいた様子も目撃されていたが、今は空き家状態。6000万円を元手に、ボビーは別の場所で鳴りを潜めているのか……。

 近所に評判を聞くと、「以前、ボビーが大きな鶏の死骸の両足を持って、自宅前の道を歩いていたことがあります。食用のウサギを自分で仕入れて、自らさばいて食べていることもありました。大きな犬を庭で放し飼いにしており、夜中に吠えてうるさいため近所の主婦がボビーに注意をしたら“ウルセェ、オレの家のコトをオマエに口出しされる筋合いはナイ!”って、大声で恫喝されて。思い出すと今でも震えるそう。もう戻ってこないでほしい」(近隣住民)

 以前住んでいたマンションでも悪評が聞かれた。

「ボビーは駐車禁止になっているゴミ捨て場の横にポルシェをいつも止めていて。平気な顔で車の掃除をしたり。ボビーの子どもたちがマンションの共用部分でふざけていたのを注意した管理人さんに“弁護士を連れてきて訴えるゾ!”と怒鳴っていたことも」(マンションの住人)

 ただ、ボビーのことを褒める人もいる。

「ウチはボビーさんの子どもと同学年の子どもがいたから、よく一緒に遊びました。お年玉をくれたりして、いい人でしたよ」(別の住人)

 テレビでも人当たりのいい顔を見せていたが、深く付き合うと別の面も見えてくるようだ。特に、家族に対しては傍若無人に振る舞った。

「家族をモノのように扱うんです。千葉の勝浦近くに別荘があるのですが、せっかく来ても20分もしたら急に帰ると言い出すこともあって。そうなると奥さんと子どもたちはボビーに従うしかないんです。すぐに別荘から出ないと、本当に置いてけぼりにされる勢いで」(ボビー一家の友人)

異常な倹約家、見えてきた裏の顔
 売れっ子のタレントになってからも、金を払うことには神経質だったという。

「とにかくケチ。別荘がある地区ではゴミ収集に年7200円の町内会費の支払いが必要ですが1度も払わないし。スピード違反したときは“ナンデ、あんなトコロで捕まらなきゃイケナイんだ”って言いながら1万円だけ奥さんに渡して、残りの数千円は奥さんが管理していた家計から出させていました」(別の友人)

 ボビーの“倹約”を、妻は手伝わされていたとも。

「ボビーは不動産投資でマンションやビルを一棟買いしていたのですが、不動産業者に手数料を取られるのが悔しい。それで宅建の資格を奥さんに取らせたんです。奥さんは一生懸命、勉強していましたよ」(同・友人)

 タレントとして売れる前、ボビーは妻のアパートに転がり込んで生活していた。結婚したことで日本国籍を取得することができたが、テレビで有名になると態度が一変。

「奥さんが少しでも口答えしようものなら、生活費をストップするんです。ガスや電気の支払いも止める。もともと奥さんはボビーにホレ込んでいましたが、彼はあちこちにオンナをつくっていました。一夫多妻の国の出身で、お父さんには7人の妻がいたそう。その感覚が抜けないんでしょうか……」(同・友人)

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/06f8ce4e5a2f0df46fa7f7852033c723b31f8d98 

no title

続きを読む

Source: 中ニ病速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました