【悲報】吉田羊さん…

不倫妻の日常
1: とある名無しの中二病 2021/06/02(水) 12:30:08.25 ● BE:632443795-2BP(10000)
噂の美女『劉飛昶の淫相学“新”SEX診断』~女優・吉田羊

no title

今回は、ドラマ『きれいのくに』(NHK)・『生きるとか死ぬとか父親とか』(テレビ東京系)で主演を務める実力派女優・吉田羊。

芸能人のうちで、女優は(モデルやタレントに比しても)強い顔相の持ち主が多い。中でも彼女は特に強く、顔の五岳(額・両頬骨・鼻・アゴ)がすべて出っ張り、(若い頃は)目と眉が尻上がりで、超アグレッシブで上昇志向の強い、頑固で我の強い女相だ。

ただ性愛面では、これらの相はいずれも後家相で、女性としては強すぎて、恋人や夫の運気を尅してしまう。

額が広く、その額を前髪で隠さずいつも露出させているのは、(人としても女性としても)自信家の証しで、顔相全般が「仕事顔」で「家庭顔」とは言い難く、彼女を乗りこなせる男はよほど豪気か、逆に女性的で彼女を陰で支えるタイプのいずれかに限定される。

鼻が大きく、金甲(小鼻)の張りもよく、スタミナ十分でいたってタフ。鼻孔が大きく、その鼻孔が正面から覗き、エネルギーの出し惜しみをしない気性ゆえ、男性は彼女を支配しようとするより上手に甘えた方が、性愛でも仕事面でもコトはうまく運ぶ。

女優にしては目が小さく、セックスアピールは強くない。これといった尻軽相がなく、男につけ入るスキを与えないため、男縁はますます少なくなる。

性ホルモンタンクの臥蚕(下瞼の三日月形の部分)の張りがよいとは言えず、唇も薄めで理知的ゆえ情に流されにくい。性欲は強くとも、多情(いろんな男と親交する)や淫蕩(セックスに溺れる)に走るタイプではなく、スポーティーな交わりで、終わればカラリとして後に引かず、男性的な性愛だ。

若い頃と比べて良妻性はアップ

【スタミナ度】は「5」寄りの「4」とかなり高く、【官能度】は「3」。【モテ度】は「2」と低めだ。

生来的な膣の断面と一致するとされる耳穴の下の溝は、良形ながら広め。膣道の締まりと連動する口元の肉付きは豊かとは言えないものの、口唇の締まりは良好で、【名器度】は「2」寄りの「3」と観る。

若い頃と比べて大きな変化が観られるのは、目と眉が以前ほど極端に上がらず、眼光も鋭さが消えて、相全般が柔和になっている点で、良妻性はアップしている。耳が大きく、安定(結婚)志向の相もあるものの、頬が痩せていて家庭運は良いとは言えず、前述した後家相が大きく足を引っ張って、【良妻度】は「3」寄りの「2」どまりとなった。

以前の尻上がりのへの字眉が丸みのある眉相に変化し、あげまん性が増した一方で、目尻の上がったあげまん相は消えている。しかしすっきりした口元に豊かな金甲、おとなしい臥蚕がプラス要素で、【あげまん度】は「4」寄りの「3」と、現代女性としては高い。

https://weekly-jitsuwa.jp/archives/21218

続きを読む

Source: 中ニ病速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました